9/4~5 女川釣行リベンジ 後編


前回の続きになります。

タコ?をバラしてから反応がなくなってしまったので、一度コンビニで休憩をしつつ、移動場所を探すことにしました。

女川港内をぐるっと見て回りましたが、結局、移動前にいた場所から少しだけ離れたところで釣りを再開。

再開後、30分ほどでアナゴを1匹釣りましたが、1匹目のものよりも一回りだけ大きいサイズ。
こちらもすぐに海にお帰り頂きました。

アナゴ(約35cm、女川港)
アナゴ、約35cm

その後はまた沈黙の時間が長くなったので、車中で仮眠をとることにしました。

朝を迎え、今度は堤防のほうに向かいます。
先行者が2人いましたが、スペースに余裕があったので、落とし込み釣りをすることにしました。

アオイソメを防波堤の際に落とし込むと、すぐにアタリがあります。

アナハゼ(約15cm、小乗浜)
アナハゼ、約15cm

犯人はアナハゼでした。
すぐにリリースし、再び堤防をテクテク歩いていくと、あるポイントで一瞬だけ竿が大きく曲がりましたが、すぐにバレてしまいました。

割りと良型だったかもしれない・・・
タコといい、謎の魚といい、バラすときは続くものです。

朝7時まで粘りましたが、最終的な釣果は、
小アナゴ2匹
アナハゼ1匹
のみでした。

またしても、しょっぱい釣果に終わりましたが、これに懲りずに今後もアナゴを狙っていきたいと思います。

帰りに、女川駅前の「お魚いちば おかせい」さんで、お土産のホタテを購入し、帰路につきました。

お土産のホタテ(お魚いちば おかせい、1000円)
お土産のホタテ

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。